« 「羽黒小学校の歴史と教科書展」(小弓の庄)   (1316)語句録 -1-  (教育、文化、安心)   (1314) »

古ぼけた”通知表”            (1315)

古ぼけた”通知表”            (1315)

パーマリンク 2012/09/15 23:53:13 著者: hatake メール
カテゴリ: 畑仕事はカルチャー

 久し振りにのんびりした日曜日、子どもが口すさんでいる歌声に「おや、聞き覚えのある歌だな」と思わず聞き耳を立てた。

   まどにそびゆる おわりふじ  にわをめぐらす はちまんの
   はやしのまつの ふかみどり  とわにしたしき ともなるぞ

 「おとうさん、これ、小学校の校歌だよ」と教えられ、思わず膝を打った。
 「おとうさんのころと、おんなじだ!」

   みるめはるけき おわりのの  小弓が庄に 地をしめて
   きよきまどいの やかたこそ

 そうだ、あのやかたこそ・・・・ 「わがなつかしき ふやなれや」なのだ、と、つい力を入れて、子どもに思い出話をきかせた。

 小学校に入学したのが、昭和22年の春。
 通学帽にランドセル、色とりどりの洋服を着て、軽快な靴を履くこのごろの比べれば、あのころは、今では想像もつかないいでたちだった。さしずめ民芸品として、明治村のおみやげにもなりそうな布の袋に、わら半紙の教科書、ノートを包む。父親が文字通り夜なべをして作ってくれたわらぞうりを履き、指が一つ、二つ顔をのぞかせている足袋が、そのまま教室の上履きであった。

 「ふうん、まるでテレビにでてくるお話みたい」という子どもに、「ちょっと待てよ」と、古ぼけた机の引き出しから探し出した”通知表”。しみだらけですっかりと色が変わってしまったが、それでも一学年から六学年まで全部見つかった。

 国民学校から、小学校になった最初の年に入学、丹羽郡羽黒村立羽黒小学校、第一学年東組とある。一学年に二クラスしかなく、東組と西組だ。

 ”通知表”の名前も、入学当時は”通知表”だが、四学年からは”家庭連絡簿”。
 ”学習状況”の評価もはじめ”ABCDE”だったが、四学年からは”+2 +1 0 -1 -2”から”すぐれている・ややすぐれている・ふつう・ややおとる・おとる”と変わる。

 古ぼけた”通知表”を見つめていると、遠い昔の思い出にいつまでも話しがはずむ。

 父が学び、自分が学んだ小学校に、今ではわが子が学んでいることを思いめぐらすとき、わがふるさと、わが人生に、かけがえのなない貴いものを感ずる。
 
 開校百年を祝す今、このみどりの里に地をしめたわが母校は、いつまでも人の心のよりどころである。   (昭和28年卒)


[出典] 『 羽黒小学校 開校百年記念誌「知新」』
  編集・犬山市立羽黒小学校 昭和48年11月28日・発行 

この記事へのトラックバック アドレス

トラックバックURL(右クリックでURLのコピーをしてください)

1 コメント

コメント from: 直美 [訪問者]
素晴らしい(*^-^*)
懐かしい気持ちと誇らしい気持ちになりました。
伝統あるものはやはり良いですね。語り伝えて欲しいです。素敵な話をありがとう♪

2012/09/17 @ 22:26

コメントを残す


頂いたメールアドレスはこのサイト上には表示されません

頂いたURLは表示されます。
(改行が自動で <br /> になります)
(Name, email & website)
(ユーザに、メッセージ・フォームを通じた連絡を許可します (あなたのメール・アドレスは表示されません))
2018年11月
 << <   > >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

地域HP犬山羽黒「ブログ塾」塾生記。晴耕雨読に暮らす。 野良仕事こそ、cultivate耕やす文化(culture)という。

最近の記事

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution