カテゴリ: 入鹿池史

犬山の里山里地には3種類のモグラが生息する!    (1397)

パーマリンク 2016/11/05 20:21:54 著者: hatake メール
カテゴリ: 畑仕事はカルチャー, 五条川の四季, 入鹿池史

*
 犬山の里地や里山には3種類のモグラが生息する。
 日本国内では5種類のモグラがいるが、それぞれの気候・土・生物環境の違いから、ある地方・地域には1種類、せいぜい2種類のモグラが生息している。

 愛知県犬山市一円の里山・里地では3種類ものモグラがそこここに生息している希少な地域である。それだけ土・土壌環境・気候環境が複雑で、さまざまな生息環境が豊かに存在する。

 八層の湿地といわれる八層の山地。平坦で水浸しの草木地とは趣が違い、水気を多く含んだ岩石混じりの丘陵地帯が八層の湿地。
 岩が露出しているのにその岩は湿り気を帯びて、染み出た水が集まって五条川上流部を流れ出るほど、水脈が岩場の下を湿らす。

 八層の湿地の水質は水温が春21℃夏26℃、秋17℃。
 pHは4.7ほどとかなり酸性が強い。
 にもかかわらず、係争類の組成は、好酸性・貧栄養・好酸素要求性の係争類が生息する。
 伊勢湾・濃尾平野周辺の湿地分布の中でも豊かでユニークな湿地が八層湿地だという。



 平成28年11月五日土曜日。犬山国際観光センター4階フロイデホール
 犬山市文化遺産活用実行委員会・主催
 NPO法人・古代邇波の里・文化遺産ネットワーク・企画
 ”歴史座of 犬山街プロジェクト”幻の栗栖 アンモナイトの謎 

*


 

2018年6月
 << <   > >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

地域HP犬山羽黒「ブログ塾」塾生記。晴耕雨読に暮らす。 野良仕事こそ、cultivate耕やす文化(culture)という。

最近の記事

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution